ドアノブ交換修理ならお任せ下さい!|ドアノブを鍵付きに交換する方法│重要ポイントはドアノブ選び!

ご相談無料24時間365日受付ております。フリーダイヤル0120-949-892

フリーダイヤル0120-949-892

最新情報・レポート

ドアノブ交換修理.jp|ドアノブ修理交換:8,400円~のコラム記事ページです

ドアノブを鍵付きに交換する方法│重要ポイントはドアノブ選び!

ドアノブを鍵付きに交換する方法│重要ポイントはドアノブ選び!

部屋のドアノブを鍵付きに交換したいと思っている方は、まずはじめにドアノブのメーカー名や寸法、種類を確認しましょう。なぜなら、メーカー名や寸法が合っていないと、うまく取り付けることができなくなるからです。また、ドアノブにはさまざまな種類があるため、自分の好みに合ったものにすると、よりよい生活を送ることができるでしょう。

本コラムでは、鍵付きドアノブの選び方や取り付け方をご紹介しています。また、業者に依頼したときの料金やメリットなども解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ドアノブを鍵付きのものに交換するには選びかたが重要!

ドアノブを鍵付きのものに交換するときは、適切なドアノブを選ぶことが大事です。ここでは、失敗しないドアノブの選び方のコツを中心にご紹介していきます。

メーカーと寸法の確認

ドアノブを交換する前に、メーカー名と寸法を確認する必要があります。メーカー名はドアの側面に記載されていることが多いです。寸法はドアノブ本体とドアノブ周りのサイズを測っておくとよいでしょう。これらを確認せずに、新しいドアノブを購入すると、うまく取り付けることができなかったりするでしょう。そのため、ドアノブのメーカー名と寸法は必ず確認しておくようにしましょう。

室内向け鍵付きドアノブの種類

ここでは、おもに室内で使用される鍵付きのドアノブをご紹介していきます。自宅の部屋に適したドアノブを選びましょう。

・インテグラル錠
インテグラル錠は、筒のような形状をしたドアノブです。トイレや浴室などにも使用されることが多いです。インテグラル錠の鍵はサムターン式と呼ばれる形状で、ドアノブの中央部に取り付けられたつまみを回すことで開閉ができます。

・レバーハンドル錠
レバーハンドル錠は、レバーを下げることで、ドアを開けることができるタイプのドアです。レバーを下げるだけでよいので、高齢者や子どもでも簡単に開けることができます。

ドアノブを選ぶ際に大切なポイント

ドアノブを選ぶときは、サイズや種類を事前に確認することが重要です。また、部屋に合ったデザインや、ドアノブの開けやすさなども選ぶ際に大切なポイントになるでしょう。とくに高齢者や小さな子どもがいる家庭では、軽い力で開閉ができるレバーハンドル型のドアノブなど、開けやすいドアノブにすることで、非常に使い勝手がよくなるはずです。

ドアノブを選ぶ際に大切なポイント

鍵付きのドアノブに交換することで、セキュリティを万全にすることや、プライバシーを守ることができます。多くの方は、玄関にだけ鍵がついていれば安心と考えるでしょう。しかし、玄関以外にも部屋の個室にも鍵付きのドアノブをつけることで、来客などの際には、第三者が部屋に入る心配もありません。

また、自分だけの時間を確保したいときなどは、部屋に鍵をかけることで、個人のプライバシーを守ることができます。このように、鍵付きドアノブを玄関以外にも設置することで、より安心した暮らしを送ることができるでしょう。

DIYでドアノブを鍵付きのものに交換する方法

ここでは、自分で鍵付きドアノブを交換する方法をご紹介していきます。ドアノブの交換をしたことがある方や自信がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

用意する道具

DIYでドアノブを鍵付きのものに交換する方法

ドアノブの種類によって使う道具は異なってきますが、基本的に以下のような道具があればドアノブを交換することができます。

・プラスドライバー、マイナスドライバー
プラス・マイナスドライバーは、おもに丸座や座金を取り外すときに使用します。

・千枚通し
千枚通しは、ドアノブの握る部分を取り外すのに使用されます。

・プライヤー
プライヤーは、インテグラル錠を取り外すときに使います。プライヤーを丸座にはさみ、左に回転させると外すことができるはずです。

また、ほかにもニッパーやウォーターポンププライヤーなどがあると、もしもの事態に備えることができるでしょう。しかし、基本的には上記の3点があれば作業をおこなうことができますので事前に用意しておきましょう。

古いドアノブの取り外しかた

ドアノブには円筒型やレバー型、プッシュプル型など、さまざまな種類がありますが、基本的なドアノブの取り外し方は一緒です。取り外す順番は以下のとおりです。

1.内側と外側のドアノブを取り外す
ドアノブの付け根の部分の穴に千枚通しを差し込みます。そして軽く押してドアノブを動かすとうまく取り外すことができます。

2.座金を取り外す
座金を取り外すにはマイナスドライバーを使用します。座金の切り欠きの部分にマイナスドライバーを差し込んで、動かすと外すことができるでしょう。

3.ラッチボルトを取り外す
ラッチボルトはドアの側面にあります。側面にある上下のネジを取り外すと、ラッチボルトを外すことができます。

新しいドアノブの取り付けかた

基本的には取り外す手順の逆をおこなうことで、新しいドアノブを取り付けることができます。取り付ける順番は以下のとおりです。

1.外側のドアノブを錠ケースに入れる

2.室内側から座金を使用して、2本のネジで本体と連結させる
ネジを締めるとき、あまり強く締め付けないように注意しましょう。

3.室内のドアノブと座金の位置をあわせる

4.しっかり締め付けて固定し、開け閉めの確認ができれば完了
インテグラル型であればドアノブを回したときにラッチボルトが引っ込むか、レバーハンドル型であれば、レバーを引くとラッチボルトが引っ込むかどうか確認しましょう。

DIYが難しい場合は業者への依頼も選択肢に!

DIYが難しい場合は業者への依頼も選択肢に!

これまでドアノブの種類や、自分でドアノブの交換をする際の手順についてご紹介していきました。しかし、自分でドアノブの交換をすることが難しい場合は、業者に依頼するのもひとつの手です。ここでは、業者に依頼した場合の料金やメリットなどを解説していきます。

ドアノブ交換にかかる費用

ドアノブの交換を業者に依頼した場合にかかる費用は8,000~20,000円となっています。また費用の内訳はドアノブの部品代と作業費、出張費の合計となっている場合がほとんどです。しかし、ドアノブの種類などによってかかってくる料金は異なるので、事前にきちんと確認しておくとよいでしょう。

業者に依頼するメリット

自分でドアノブの交換をおこなうと、正常に鍵をかけることができなくなったり、誤って壊してしまったりすることがあるでしょう。しかし、業者に任せることで、このような心配事や手間を省くことができます。たとえば、ドアノブの上に鍵穴を設置したい場合、ドアに穴を開ける必要が出てくるでしょう。

このように、自分でおこなうのは非常に大変な作業になることがあります。そのため、大変な工具の取り付けなども、経験豊富なプロである業者に任せることで、素早く確実に仕上げることができるでしょう。

業者を利用する際のながれ

弊社に加盟している業者を利用する際の、一般的なながれは以下のようになります。スムーズに業者に依頼するためにも、事前に確認しておきましょう。

1.お問い合わせ
まずは問い合わせをしてみましょう。弊社は、ドアノブ交換・修理に関するお問い合わせは24時間365日おこなっておりますので、気軽にお電話をしてみてください。

2.調査訪問
ドアノブの交換や修理をおこなう前に、弊社の加盟店が現地調査に伺います。

3.お見積り
現地調査をおこなったあとは、調査結果を報告して、ドアノブ交換・修理の見積り金額を提示します。

4.ご検討
お見積り金額を確認いただいたら、お客様でご検討をいただきます。プラン内容に納得いただきましたら、契約とさせていただきます。

5.作業開始
お見積りの際に説明させていただいたプランで、実際に作業をおこなっていきます。

6.お支払い
作業が終われば、その場で料金をお支払いいただきます。

このように、ていねいな対応でドアノブ交換・修理をさせていただきます。また、弊社は全国にさまざまなドアノブ交換・修理業者と連携しています。そのため、ご要望に合った業者をすぐにご紹介することができます。24時間365日いつでも電話対応をおこなっておりますので、まずは気軽にお電話をしてみてください。

まとめ

ドアノブを鍵付きのタイプに交換するには、現在取り付けているドアノブのメーカー名や型番をきちんと確認することが大事です。また寸法は、ドアノブ本体とドアノブ周りのサイズを測っておくとよいです。適切な寸法や種類のものを選ばないと、新しいドアノブを取り付けるときに、サイズが合わなくてうまく取り付けることができない場合もあるので注意しましょう。

ドアノブはDIYで取り付けることができますが、慣れていないと大変でしょう。たとえば、ドアノブの上部に鍵を取り付けたい場合は、ドアに穴を開ける必要があり、非常に大変な作業になります。そのため、もし不安であれば、プロである業者に任せてみるとよいでしょう。

弊社は全国にさまざまな業者と連携しています。ドアノブの交換・修理をおこないたいときは、弊社に加盟した優良な業者をご紹介いたします。迅速でていねいなサービスで対応させていただきますので、まずは気軽にお電話をしてみてください。

※当サイトの表記価格は全て税抜き価格です。
別途消費税がかかります。