ドアノブ交換修理ならお任せ下さい!|【ドアノブの外し方】作業は簡単!でも交換でギブアップしやすい理由

ご相談無料24時間365日受付ております。フリーダイヤル0120-949-892

フリーダイヤル0120-949-892

最新情報・レポート

ドアノブ交換修理.jp|ドアノブ修理交換:8,400円~のコラム記事ページです

【ドアノブの外し方】作業は簡単!でも交換でギブアップしやすい理由

【ドアノブの外し方】作業は簡単!でも交換でギブアップしやすい理由

ドアノブを外すときには外したあとの工程を知っておいてください。ドアノブは経年劣化でだんだんと緩んできたり、故障してしまったりすることもあるでしょう。そこで今回は、ドアノブの外し方と、意外と難しい取りつけ方についてご紹介いたします。

ドアノブには種類があります。また、大きくみっつに分けられるドアノブにも、さらに細かい分類があるので、それぞれの外し方を見ていきましょう。ドアノブの交換が自分ではできないときは、ドアノブ関連の施工をおこなっている業者に依頼する必要があります。そのため、この記事では業者に依頼するときについても解説していきます。

ドアノブの種類を確認しよう

ひとことに「ドアノブ」といっても、さまざまな形のものがあります。縦に長い握り手がついているもの、丸い玉のようなハンドルがついているものなどを区別すると、ドアノブは3種類に分類することができるのです。ドアノブの外し方を解説する前に、まずはそれぞれの形ごとの特徴を把握しましょう。

【タイプ1】握り玉

その名のとおり、玉のような円形または球形のハンドルがついたドアノブです。握って回します。鍵はドアノブの上部や、ドアノブの中についていることがあります。

【タイプ2】レバーハンドル

細長いレバーがついていて、これを下げることによって開くタイプのノブです。横向きについているものは、上から手をのせるだけで開閉することができるので、手で握ることが難しい人や、両手で荷物を持っているときでも簡単に扱えます。鍵がハンドルに内蔵されていることはまれで、ドアノブの上などについていることが多いです。

【タイプ3】プッシュブル

棒のようなハンドルがついたノブです。公衆電話の受話器を大きくしてドアに取りつけたような形をしています。このハンドルを押したり引いたりすることで、ドアの開閉ができるタイプです。ふたつの錠がついたツーロックのドアや、玄関用のドアノブとしてよく使われます。

緩み・ぐらつき程度は自分で直せる!

緩んだドアノブは、少し手を加えることで直せるのでやってみましょう。ふたつの方法を紹介しますので、試してみてください。

■ねじが緩んでいる場合
ねじが緩む箇所はふたつあります。ひとつめが、ドアノブの握り手を固定しているねじです。もうひとつが、ドアの側面にある、「ラッチ」という部品のねじです。

握り手を固定しているねじは、露出している場合もありますし、カバーを外すことで見えるようになることがあります。見えないときは、マイナスドライバーなどでカバーを外して、ねじを締め直しましょう。それでもぐらつきが直らなければ、「ラッチ」のねじを締めます。

ラッチは、ドアを閉めたときに壁と接地する側面についている部品です。ドアを閉めるときに、ガチャリと音がするあの部分がラッチです。ラッチを見ると、ねじがあるので、これをくるくると回して締め直してください。

■ねじ穴が広がっている場合
ドアノブは何度も押されたり引かれたりするので、ノブとドア板をつなげるねじ穴が揺さぶられて広がってしまっていることがあります。こうなってしまうと、ねじを回しても締まらないので、ねじ穴を埋め直してからねじをつけましょう。

ねじ穴を埋めるための「パテ」という道具を用意して、パテをねじ穴の中に注入していきます。このパテが固まったら、もとあったようにねじでドアノブを固定すれば完成です。パテはホームセンター、インターネットなどで市販されています。乾かす時間などは、パテの取り扱い説明を参考にしてください。

【ドアノブの外し方】種類別

【ドアノブの外し方】作業は簡単!でも交換でギブアップしやすい理由

ドアノブは外し方が種類によって違います。ここでは、ドアノブの3種類に対応した外し方を紹介していきます。まずは必要な道具からそろえていきましょう。

ドアノブ取り外しに必要な道具

外すのに必要なのは、プラスとマイナスのドライバーを1本ずつと、キリや針金など細長い棒です。ドライバーの長さは問いません。太さはねじを見て合うものを使ってください。

【外し方1】握り玉タイプ

握り玉のタイプは、そのなかでもさらに3種類に分けられます。「円筒錠」「インテグラル錠」そして「チューブラ錠」です。チューブラ錠以外は、ねじにカバーがついているので、下に紹介する外し方では「手順1」から始めてください。チューブラ錠は「手順2」からです。

■手順1:カバーを外す
内側のドアノブを見てみましょう。ドアノブを見ても、ねじ頭らしきものが見えないときは、カバーがついているタイプです。ノブの根元をよく見てみると、小さな丸い穴や、縦長の細長い穴が空いています。これに針金やキリ、マイナスドライバーなどを差し込んでください。

すると、内側のノブが外れます。ノブの中身と、扉板についている台座のような部分(座)が残ると思うので、これをマイナスドライバーで座から外してください。カバーを外せば、ねじのある内部が現れます。

また、一部のドアノブはノブの座を回すことで外れることがあります。穴などが見当たらない場合は、ハンドル根元の台座のようになっている部分(座)を回してみてください。

■手順2:ねじを外してノブ本体をとる
プラスドライバーを使って、ねじを回してノブを抜き取ります。一般的には、ドアの外側、内側に2本ずつのねじがついているので、これをとれば、ノブは引き抜ける状態になります。外側と内側のノブを落とさないように引き抜いて取り外しましょう。

■手順3:ラッチを扉板から外す
最後に、扉の板の側面についている「ラッチ」をとり外します。ラッチは、2本のねじで取りつけられていて、これを外せば抜き取ることができます。ラッチまで抜き取ったら、ドアノブ外しは終わりです。

【外し方2】レバーハンドルタイプ

レバーハンドルタイプは、ハンドルの根元にある「座」が丸いものや、縦長のもの、錠付きのものなどあります。今回は、縦長の座に錠がついているものをベースに取り外し方を解説します。

■1.ハンドルを外す
ハンドルの場合は、扉の「内側」から作業を始めます。外し方には、小さな穴にピンやマイナスドライバーを差し込む方法と、ハンドルの下面などにあるねじを抜く方法があります。前者の場合は、ピンまたはドライバーを小さな穴に差し込んだ状態にすれば、ハンドルを引き抜いて外すことができます。

■2.座を外す
座を外すやり方にも、ふたつの方法があります。固定されているねじを外すものと、マイナスドライバーをすき間から差し込んで外すものです。

ねじは、いつものねじを外す要領で外せば大丈夫です。ねじが見当たらないのなら、座の下面などにマイナスドライバーの差込口があるので、そこにマイナスドライバーを差し込みましょう。

マイナスドライバーで外すタイプは、取れた座の中にさらにねじがあるので、これをプラスドライバーで抜きとります。ここまで終われば、ノブは外すことができます。

あとは、「ラッチ」を外しておしまいです。ラッチについては、上記にある握り玉タイプの外し方の手順3で説明しています。そちらを一読ください。

【外し方3】プッシュプルタイプ

プッシュプルタイプは、壁と接地している2か所にそれぞれねじがついています。このねじを抜けばノブの取り外しが可能ですが、ねじはサムターン(鍵を開けるときに回すツマミ)の場所についていることもありますし、カバーで隠れていることもあります。こちらに関してはタイプがいろいろあるので、取り扱い説明書をご覧ください。

取付作業はギブアップする人が多い!

ドアノブの外し方がわかったら、いよいよ取りつけがしたくなることでしょう。取り外しは基本的にねじを抜き取るだけだったので、簡単だと感じたかもしれません。しかし、取りつける段階になると、難しいポイントが出てくるのです。その例を紹介します。

【理由1】ドアノブ選びが難しい

その扉に合ったドアノブを選ぶのは、初めての方にとっては難しく感じられるでしょう。ドアノブ選びには、種類によって注意点がたくさんあります。もし間違ったものを選んでしまうと、取りつけに失敗してしまうおそれもあります。

たとえば握り玉タイプでは、「メーカーと型番」もしくは「スピンドル」と「座のビスピッチ」をチェックします。メーカーと型番がわかった状態であれば、ホームセンターなどの量販店や業者に依頼することで、最適なものを選んでもらうことができます。

しかし、DIYで交換する際は、残りのふたつを調べることになります。確認するのが難しいと感じたら、業者に依頼することがおすすめです。

【理由2】DIY費用が高くなってしまった

DIYで取りつけるには、道具を用意したり、自分で交換用の鍵を用意したりしなければいけないこともあります。そのため、自分で鍵を取り寄せたりしていると、いつの間にか業者に依頼する場合よりも費用がかかってしまっていることもあります。自分でやる前には予算を試算したうえで、業者に依頼しときの費用と比較するとよいでしょう。

【理由3】取りつけ方を間違えた

取りつけ方を間違えると、最悪の場合はドアごと取り換えることになってしまいます。たとえば、ラッチを取り換えるためにはドアのほうを削るなどして加工しなければならないことがあります。また、ドアノブの向きを間違えると、外から簡単に開けられるようになってしまうこともあります。

取り換えで失敗したり、間違った取りつけをしたりすると、ドアが上手く閉まらなくなったり、見栄えが悪くなったり、ドアの交換が必要になったりするリスクがあります。そこでおすすめしたいのが、業者への依頼です。業者への依頼については以下で紹介します。

ドアノブ交換を業者に任せた場合の費用など

【ドアノブの外し方】作業は簡単!でも交換でギブアップしやすい理由

ドアノブ交換は、業者に任せたほうが確実な作業を期待できます。業者に依頼するメリットと、費用の相場を見てみましょう。自分でやるかどうか決めるときの参考にしてください。

ドアノブ交換をプロに依頼するメリット

ドアノブの交換は、難しい作業です。ドアノブの外し方は意外にも簡単だと思われたかもしれませんが、そのあとが一筋縄ではいきません。失敗することもあり得ますが、業者に依頼すればノブ選びから施工までまとめてやってもらえます。

ドアノブ交換の費用相場

ドアノブの費用は、ノブの種類によって異なります。よく普及している握り玉タイプのドアノブは比較的安く、ツーロックになるプッシュプルタイプは高くなる傾向があります。それぞれの相場は以下のとおりです。

  • ■握り玉タイプ:15,000円程度
  • ■レバーハンドルタイプ:16,000円程度
  • ■プッシュプルタイプ:22,000円程度

この費用相場は、あくまで目安としてとらえてください。費用にはドアノブ本体の価格や作業費、そして出張費が含まれることがあります。

ドアノブ交換の値段はさまざまで、握り玉タイプだと6,000円程度から請け負っている業者もあります。価格にはかなり大きな幅があるので、詳しい費用に関しては各業者に直接お問い合わせください。

ドアノブ交換できる業者ってどこなの?

ドアノブ交換の業者探しで迷ったら、弊社をご利用いただくと、スムーズに依頼先を見つけることができます。弊社は業者紹介サービスを通じてお客様とドアノブ交換業者とをつないでおります。無料相談から、業者による現地調査、お見積りまでは無料で承っておりますので、まずはお電話からお問い合わせください。

まとめ

ドアノブは外し方や交換の方法が種類によって違います。ここでは3タイプのドアノブについて解説しました。これらの3タイプについて知っていれば、ほとんどのドアに対応できることでしょう。

交換作業は、難しいと感じることが多いことでしょう。もしそのまま続けて、間違った方法でドアノブをつけてしまうと、防犯性に影響が出ることもあります。失敗しないためにも、業者に依頼して取り換えてもらうのが望ましい方法だといえるでしょう。

※当サイトの表記価格は全て税抜き価格です。
別途消費税がかかります。