ドアノブ交換修理ならお任せ下さい!|猫がドアノブに乗って開けてしまう…今すぐ試せる4つの防止策

ご相談無料24時間365日受付ております。フリーダイヤル0120-949-892

フリーダイヤル0120-949-892

最新情報・レポート

ドアノブ交換修理.jp|ドアノブ修理交換:8,400円~のコラム記事ページです

猫がドアノブに乗って開けてしまう…今すぐ試せる4つの防止策

猫がドアノブに乗って開けてしまう…今すぐ試せる4つの防止策

 

きちんと閉めたはずの部屋のドアが、気がついたら開いている、といった経験はありませんか?「もしかして……幽霊?」なんて怖いことを考えてしまって夜も眠れないという方に、ひとつだけ朗報があります。もしかするとその現象、幽霊ではなく、あなたが飼っている「猫」のしわざかもしれないのです。

 

「猫がドアを開けているところなんて見たことがない」「猫がそんなことできるわけがない」と思っている方もいるかもしれませんね。そこで今回は、「どうやって猫がドアノブを開けるのか?」「猫が勝手にドアを開けないようにするにはどうすればよいのか?」などについてまとめてみました。

 

「勝手にドアが開く」という恐ろしい現象も、この記事を参考に対策することであっさり解決するかもしれませんよ。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

 

 

勝手にドアが開いている…!?原因は「猫」だった

すべての猫がドアノブを開けることができるわけではありませんが、一部の賢い猫たちは、人間がドアを開け閉めしているのを見て学習し、自力でドアを開けられるようになることがあります。さらになんと、開けたあとにきちんとドアを閉めてくれる猫もいるんだとか。

 

猫たちがどうやってドアを開けているのかというと、たとえば引き戸の場合は、少しだけ開いた引き戸の隙間に手を差し込み、チョイチョイと隙間を広げて開けているようです。また洋風ドアの場合は、ドアノブの高さまでジャンプし、ドアノブを身体全体で押し下げつつ、ドアに体当たりして開けていることが多いようです。

 

猫を飼っているご家庭では、猫のことを人間の家族と同じくらい大切な存在として扱っていることが多いため、「猫が勝手にドアを開けても構わない」という方もいるかもしれません。しかし、猫は自由気ままな生き物。大切に飾っていたフィギュアをめちゃくちゃにされてしまったり、人間用のご飯を間違って食べたりしないように、「猫を入れたくない部屋」があるという方も多いものです。

 

ドアを自力で開けられるくらい賢い猫を飼っているというのは、誇らしい反面、何かしら対策をこうじなければなりません。ということで次章からは、飼い猫がドアノブを勝手に開けないようにするための対策についてご紹介していきます。

 

猫がドアノブにぶら下がっても開閉できなくなる4つの方法

猫がドアノブにぶら下がっても開閉できなくなる4つの方法

 

飼い猫に直接「ドアを開けないで」と言ったところで、言うことを聞いてくれることはあまり期待できません。勝手に開けられたくないドアがある場合は、開けられないように対策をこうじたほうがよいでしょう。ここではすぐにできる対策を4つほど、ご紹介していきたいと思います。

 

【対策 1】開閉防止グッズを使用してみる

ホームセンターなどで購入できる、ドア用ストッパーなどの開閉防止グッズを使用すると、猫はドアを開けられなくなります。引き戸用のものもあるため、開けられてしまうドアの種類に応じて、どのストッパーが適しているのかを研究してみるとよいでしょう。

 

【対策 2】自作してみる

「わざわざ道具を買うのはちょっと……」という場合は、自力で工作するのもおすすめです。たとえば、マジックテープをドアとドア枠に設置すれば、猫がドアノブを押したくらいでは開かなくなります。他にも、人間がドアを閉めるたびにヒモなどでドアが開かないように固定してしまう方法などもあります。低コストで対策したい方には自作がおすすめです。

 

【対策 3】ドアノブを交換してみる

「いちいちドアのヒモで固定するのは面倒くさい」といった場合は、ドアノブ自体を特殊なものに交換してしまうのがおすすめです。鍵付きのドアノブに交換するという方法はもちろん、ドアノブの形状を押し下げにくいものに変えるという方法もあります。

 

通常、猫が開けやすいのは下に押し下げることで開閉できるレバー型のドアノブですが、これを、握ってひねることで開閉できる丸型のものに変えるだけでも、大きな効果があるのです。

 

また、次章で詳しくご紹介しますが、レバー型のドアノブであれば、「ドアノブの向きを変える」だけでも開閉防止策になります。

 

【対策 4】猫用のドアに交換してみる

「部屋に入られるのは構わないけれど、ドアが開きっぱなしになるのは避けたい」という方には、「猫用ドア」の設置がおすすめです。猫用ドアとは、ドアの下に猫専用の出入り口がついたものです。この猫専用の出入り口があることで、猫たちはわざわざドアノブを押し下げてドアを開ける必要がなくなりますので、「ドアが開きっぱなしになる」という問題を防ぐことができます。

 

▼用意はドライバーだけでOK!ドアノブの向きを5分で変える方法

上記の対策のなかでも少し触れましたが、実はドライバーだけで簡単に猫によるドアの開閉を防ぐ方法があります。それは、「ドアノブの向きを変える」という方法です。

 

引き戸タイプのドアにはこの方法は使えませんが、押し下げて開閉するレバー型のドアノブである場合は、ドアノブを横向きから縦向きに変更するだけで、猫による開閉を予防することができます。

 

開閉を予防できる理由は簡単で、通常レバー型のドアノブを猫が開ける場合、ジャンプして自分の体重を使って上からドアノブを押し下げるのですが、ドアノブが縦向きで設置されていると、この開け方が使えないからです。

 

ドアノブの向きを変える方法はとても簡単です。ドアノブのメーカーにもよりますが、多くの場合はドライバーを用意するだけで準備OK!あとはドアノブをドアに固定しているネジをドライバーで外し、レバーを上向きにした状態で再度ドアノブをドアに固定するだけです。

 

5分程度でできてしまうので、気軽にできるのも嬉しいですよね。ただし設置の方法を間違えると、ドアが開かなくなってしまったり、壊れてしまうこともあるので、慎重におこなうようにしてください。

 

▼ドアノブを交換したいならプロにおまかせ!

ドアノブを交換したいならプロにおまかせ!

 

さてここまで、自力でできる開閉防止策をご紹介してきました。特にドアノブの向きを変えるだけで猫がドアノブを開けられなくなるというのは、知らなかった方も多いのではないでしょうか?機会があればやってみてもよいかもしれません。

 

しかしドアノブの向きを変えることで開閉防止をおこなう場合、見た目的に若干違和感を覚える方もいるでしょう。また、ドアノブが縦向きになっていることは日常的にあまりないため、人間も「使いにくい」と感じることがあるかもしれません。

 

そんな場合は、思い切ってドアノブごと猫が開けづらい形状のものに交換してしまうのがおすすめです。握って開ける丸型のものや鍵付きのものなど、ドアノブにはさまざまなタイプのものがありますので、猫が開けにくそうなものを選ぶとよいでしょう。

 

なおドアノブを丸ごと交換する場合は、プロに依頼するのがおすすめです。自力でやると、規格が合わずうまく設置できないことがあるためです。プロにお願いすれば、スピーディかつ丁寧に、設置作業をおこなってもらえるでしょう。

 

まとめ

さて今回は、「どうやって猫がドアノブを開けるのか?」「猫が勝手にドアを開けないようにするにはどうすればよいのか?」などについてご紹介してきました。大切な飼い猫が、危険な部屋に勝手に出入りしていたら心配ですよね。また冬の寒い時期などには、猫によりドアが開けっ放しになる事態も防ぎたいものです。

 

もし「閉めたはずのドアが開いていることがよくあるが、猫は飼っていない」という場合は、本当に幽霊のしわざかもしれませんが、猫を飼っている場合は、猫が勝手に開けていると考えるのが自然です。ぜひ今回ご紹介した対策を使って、ドアの開けっ放し問題を解消してみてくださいね。