ドアノブ交換修理ならお任せ下さい!|ドアノブのラッチが故障すると開かなくなる!交換方法と不調のサイン

ご相談無料24時間365日受付ております。フリーダイヤル0120-949-892

フリーダイヤル0120-949-892

最新情報・レポート

ドアノブ交換修理.jp|ドアノブ修理交換:8,400円~のコラム記事ページです

ドアノブのラッチが故障すると開かなくなる!交換方法と不調のサイン

 

トイレのドア、リビングのドア、玄関のドア、職場のドア……など、一日のうち何度もドアノブに触れる方も多いかと思います。いつもはスムーズに開け閉めできるドアが、ある日突然開かなくなってしまった!なんて経験もあるのではないでしょうか?

 

ドアが開かなくなると、「建てつけが悪くなってしまったのではないか?」「ドアの鍵部分(シリンダー)が故障してしまったのではないか?」と疑う方も多いでしょう。しかし実は、ドアが開かなく原因はそれだけではありません。ドアが開かなくなる大きな原因の一つとして、「ドアノブのラッチ部分が故障している」というものがあるのです。

 

そこで今回は、「どうしてドアノブのラッチが壊れるとドアが開かなくなるのか?」「ドアノブのラッチはどうやって修理するのか?」などについてまとめてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

▼ドアノブのラッチが原因で開かない症状とは?

ドアノブはラッチが原因で開かなくなってしまうことがあるのですが、そもそも「ラッチ」という言葉が聞きなれない方も多いかもしれません。まずはラッチとは何かということをご説明していきましょう。

 

〇ドアノブの「ラッチ」とは?

「ラッチ」とは、ドアの側面部分に設置されている三角形の部品のことです。ドアノブを下げると引っ込む三角形の部品が、ドアの側面に付いているのを見たことはありませんか?あれが「ラッチ」です。

 

ラッチがドアに付いていると、ドアを閉めたときに、ラッチ部分がドア枠に掘られた溝にはまり、「カチャ」という音とともドアが固定されます。ラッチ部分がドア枠側の溝にはまると、ドアノブを下げない限り、押しても引いてドアは開きません。

 

軽めの風などが吹きつけてもドアが勝手に開いたりしないのは、このラッチがあるからなのです。ラッチは、「ラッチボルト」とも呼ばれることがあります。

 

〇ドアノブのラッチが壊れるとどうなるのか?

ドアを開けるときはドアノブを下げる必要がありますが、ドアを閉めるときにはドアノブは下げる必要はありませんよね。なぜそんなことが起きるのかというと、それはラッチに「バネ」が付いているためです。バネが付いていると、ドアを閉めるときはドア枠に押されてラッチは自動的にドアの内部に引っ込みます。そしてドアが完全に閉まると、今度はバネの力でドア枠の溝に向かってラッチが飛び出すのです。

 

ドアノブのラッチの故障は、ほぼこの「バネ」部分が壊れてしまったことによるものと考えられます。経年劣化や外部からの負荷などによってラッチのバネの動力が失われてしまうと、ドアが開かなくなったり、きちんと閉じなくなったりすることがあるのです。

 

そうなると、ドアノブを回しても手ごたえがなく空回りしてしまったり、逆にドアノブが固くなって回せなくなったりする症状が出てきます。こうなってしまうと、もう修理をしない限りドアとしての役割がきちんと果たせなくなってしまいます。

 

▼ドアノブのラッチの不調はかんたん修理で直せます

 

「どうしよう、ドアノブのラッチが壊れたかも……」とお悩みの方もご安心ください。実はラッチは、自力で修理(交換)することが可能な部品です。ここではラッチの不調を自分で直すための方法をご紹介します。

 

〇ラッチの品番を確認しよう

ラッチにはドアの形や大きさなどによって、いろいろな種類のものが存在します。そこで修理に取り掛かる前にまずは、修理するラッチの品番を確認しておきましょう。ラッチの品番はラッチ本体に記載されていることが多いので、ドアからラッチを外して確認します。

 

〇新しいラッチはどこに売っているの?

新しいラッチはホームセンターや通販などで購入することができます。また、ドアメーカーから直接取り寄せて購入できる場合もありますので、ドアメーカーが特定できる場合は、そちらの窓口に電話で相談してみるのもよいでしょう。

 

〇ドアノブのラッチ交換にかかるおおよその費用

ドアノブのラッチの価格は種類によっても異なりますが、1,000円~2,000円程度で購入できる場合もあるようです。あとはドライバーなどの工具類を持っていない場合は、それらを購入する費用も予算として考えておくとよいでしょう。

 

〇ドアノブのラッチ交換手順

ラッチの種類などによっても異なりますが、オーソドックスなラッチの場合の交換手順は以下のようになります。

 

  • <1>ドライバーなどを使って、ドアからドアノブを外す
  • <2>ドアノブからシリンダーのカバー部分(「座」と呼ばれます)を外す
  • <3>上記の工程でドアの反対側のカバーも外せるようになるため、外す
  • <4>カバーを外した部分に穴が開いているので、そこにドライバーを挿し込み、まわす<5>ドアの側面にラッチ部分が飛び出してくるので、飛び出した部分を引っ張り出し、ドアから外す
  • <6>新しいラッチをドアの側面から挿し込み、ドライバーで固定する
  • <7>最初に外したシリンダーのカバーとドアノブを、最初と逆の順番で再び設置する
  • <8>動作を確認して完成!

 

▼ドアノブが故障する前兆?こんなサインを見逃さないで!

ドアノブのラッチはいろいろなところで簡単に購入できますが、それでも「今日壊れたから今日買いに行く!」というのは難しい場合も多いものです。心配であれば、「ドアノブが壊れそうだな」と気づいた段階で新しいラッチを用意しておくようにしましょう。以下のような症状がみられた場合は、ドアノブが故障する前兆かもしれません。

 

  • ・いつもよりもドアノブが回しにくい
  • ・ドアノブの上げ下げがスムーズにいかない(引っ掛かる)
  • ・ドアノブの可動範囲がいつもと違う
  • ・ドアを閉めたときのラッチの飛び出しが弱い気がする(「カチャ!」という音がしない)

 

▼ドアノブ修理をプロに依頼したい!プロのメリットとは?

ドアが壊れる原因と症状別の対処法

 

ドアノブのラッチは自分でも直すことができますが、もちろんプロにお願いすることもできます。ここではプロにおまかせする場合のメリットをご紹介いたします。自分で直すか、プロにお願いするか。故障状態なども加味し、自分にとってどちらがよいのか検討してみましょう。

 

〇圧倒的な知識の豊富さ

プロに依頼する最大のメリットが、この「知識の豊富さ」です。ドアノブのラッチは比較的簡単に修理できますが、それでも普段工具を使い慣れていない方が修理する場合や、複雑な壊れ方をしてしまった場合は、下手にいじると余計に壊れてしまうこともあります。

 

プロであれば、どのような壊れ方をしているドアノブであっても、長年の経験と豊富な知識をもとに、きれいに修復してくれるでしょう。自分で修理をおこなうと、少し歪んでしまったりもしますが、プロであれば少しの歪みも逃しません。再発防止のためキチっと締め直してくれます。

 

長年使っているドアの場合は、壊れたラッチと同じ品番のラッチを新たに付けるよりも、最新型の機能性に優れたラッチに変更したほうがよい場合もあります。そんな場合もプロであれば、最適なドアノブやラッチへの変更を提案してくれるでしょう。

 

また、自分では「故障はラッチが原因に違いない!」と思っていても、実はドア本体側に問題がある場合もあります。そんなときもプロならば、すぐに気づいて適切な修理をしてくれます。

 

〇どんな業者を選べばいい?選び方のポイント

ドアノブのラッチの修理を請け負ってくれる業者はたくさんあります。どういう業者を選べばよいのか迷ってしまいますよね。よりよい業者に修理を依頼できるように、業者選びの際は、以下のポイントをおさえるとよいでしょう。

 

・電話窓口などの対応がしっかりしている

電話で修理について相談したときの応対がどうだったかで、ある程度その業者の雰囲気を知ることができます。きちんとした対応をしてくれる場合は、きちんとした社内教育がなされている可能性が高いと考えられるということです。そういう業者は作業員も日々研修を受けている場合が多く、クオリティの高い作業をおこなってくれると推測できます。

 

・しっかりとしたホームページやチラシなどを作っている

ホームページやチラシなどがきちんとしている場合、広告に予算をさける大きな会社であると推測できます。規模の大きい業者であれば、作業内容のマニュアルなどもしっかりしており、どの作業員であっても満足のいく内容で修理してくれることが多いでしょう。

 

・無料で見積りを出してくれる(できれば相見積りがオススメ)

「リーズナブルですよ」と言っていたのに、なぜか請求書には高額な料金が……!というトラブルを避けるため、なるべく無料で見積りを出してくれるところを選ぶようにしましょう。時間があれば、複数社から相見積りを取り、少しでもお得な業者を選ぶことをオススメします。

 

・口コミを読んでみる

最近はネットで簡単に口コミを検索することもできますので、気になる業者があれば口コミを読んでみるのもよいかもしれません。信ぴょう性には欠ける部分もあるのであまり信じすぎるのもよくありませんが、A社とB社で悩んでいる場合などには参考になるはずです。

 

▼まとめ

さて今回はドアが開かなくなってしまった場合について、以下のようなことをご紹介してきました。

 

  • ・ドアが開かないのは、ドアノブのラッチが故障している可能性がある
  • ・ドアノブのラッチは自分でも修理ができる
  • ・しっかり直したい場合は業者に修理依頼をするのがおすすめ
  • ・ドアノブ修理業者はたくさんあるので、ポイントをおさえてよりよい業者を選ぼう

 

ドアノブは毎日のように触れる場所です。壊れてしまっては不便ですよね。ご自宅のドアノブは緩んできていませんか?ガタガタ音がしたり、動きが悪くなっていたりしませんか?早い段階で修理してしまえば、いざというときに「ドアが開かない!」と困ることもありませんよ。これを機に、ぜひチェックしてみてくださいね。