ドアノブ交換修理ならお任せ下さい!|ドアノブが壊れた!簡単な修理方法とは?壊れる原因と対処法も紹介

ご相談無料24時間365日受付ております。フリーダイヤル0120-949-892

フリーダイヤル0120-949-892

最新情報・レポート

ドアノブ交換修理.jp|ドアノブ修理交換:8,400円~のコラム記事ページです

ドアノブが壊れた!簡単な修理方法とは?壊れる原因と対処法も紹介

ドアノブが壊れた!簡単な修理方法とは?壊れる原因と対処法も紹介

 

いつものようにドアを開こうとしたら上手く開かず、調べてみたらドアノブが壊れた状態になっていたなんて経験ありませんか?ドアノブは毎日使うので消耗も激しく、壊れてしまうことも少なくありません。部屋に閉じ込められてしまうなんて状態になってしまうこともありえます。

 

しかし、そのままドアが開かない状態では困ってしまいますので放置は出来ません。そこで今回は、ドアノブが壊れたときに使える対処法や、ドアノブが壊れる原因などをお伝えしたいと思います。これさえ知っておけば、ドアノブが上手く動かなくなってしまったときも安心です。

 

 

ドアノブが壊れたときの対処法

ドアノブが壊れてしまったとき、どうしたらよいのでしょうか。ここからは、その対処法やドアノブの仕組みについてご紹介します。

 

ドアノブが壊れたらどうすべき?ドアノブのしくみを交えて紹介

そもそもドアノブがどのようなしくみで閉まるのか知っていますでしょうか?ドアが閉まるしくみで一番重要なのがラッチです。ラッチとは、ドアの横に出っ張っている金具のことで、ドアノブを回すと引っ込むようになっています。

 

ドアが閉まっている状態は、このラッチがドア枠側のラッチ受けに収まっている状態になり、ドアノブを回さないとドアが開かないようになっています。ですがドアノブが壊れていると上手く回せず、このラッチが引っ込まずにラッチ受けに収まったままになってしまいます。

 

このような状態になったときは、薄いカード錠のものや、細い針金のようなものを、ドアの隙間に射し込み上手くラッチを引っ込めてやることで開けることができます。ただ、その方法は一時しのぎのものなので、その後はドアノブを交換することをおすすめします。

 

簡単!ドアノブを外す手順を紹介

ドアノブは実は結構簡単に自分で外すことが出来るのです。今回は、一般的に多い握り玉タイプのドアノブの外し方を説明していきます。

 

ノブの取り外しは内側からおこなっていきます。握り玉タイプのドアノブには、付け根のあたりに小さな穴が開いています。これはノブを取り外すための穴で、ここ千枚通しのような細いものを差し込みます。するとわずかですがバネが押し込まれるような手ごたえを感じると思います。

 

そこを押し込んだ状態でノブを引くと外れます。次に丸座と座金の取り外しをおこないます。丸座とはドアノブを取り付けるためにドアの表面に付いているカバー部分のことです。この丸座とドアの隙間にマイナスドライバーを差し込み、テコの容量で丸座を浮かせます。

 

このとき、ドアを傷つけないように気をつけてください。丸座が上手く浮き上がったら、そのまま丸座を引き抜きます。丸座を引き抜くと中の座金が見えると思うので、今度はそれを外します。座金はネジで固定されているため、ドライバーでネジを全て引き抜くことで、座金も取り外すことが出来ます。あとは、反対側からノブを引き抜いてドアノブ本体の取り外しは完了です。

 

その後、ドアの側面にネジ止めされているフロント板とラッチも、ネジを緩めて外しましょう。これでドアノブの取り外しは完了です。

 

ドアノブの寿命や壊れる原因

ドアノブの寿命は平均で10~15年ぐらいだと言われています。「ドアノブがガタつく」、「ドアノブが空転する」、「ドアノブが回りにくい」などの症状が現れたら、壊れるサインかもしれません。長年使用すると、ドアノブ内部の部品が経年劣化によって摩耗していたり、壊れかかっていたりすることからおこるものです。なので、経年劣化を少しでもおさえるためにドアノブのメンテナンスをおこなうようにしましょう。

 

ドアが壊れる原因と症状別の対処法

ドアが壊れる原因と症状別の対処法

 

ドアノブが壊れた場合、その原因があるものです。ここではその原因とそれぞれの対処法をご紹介します。

 

ネジが緩んでいる

ドアノブがガタついていたりする場合に多いのがこの状態です。ドアノブはネジで固定されているため、そのネジが緩んでしまえば当然ガタつきも出てきます。これの対象法は、その緩んだネジを締め直してしまいましょう。そうすれば固定力が上がり、ノブが壊れる原因を取り除けます。

 

ただ、緩んでいるネジをしめても、ネジ穴が広がってしまってネジが閉まらなくなっている可能性もあります。そういった場合は、素直にドアノブを交換しましょう。

 

ドアノブの部品がサビついている

トイレや洗濯機置き場などの湿気の多い場所だと、ドアノブ内部の部品などがサビついてしまうことがあります。

 

予防としてはスプレー式の潤滑油などをドアノブ内部に流し込みサビを予防するのが一番ですが、一度サビついてしまうと潤滑油を使っても一時しのぎにしかなりません。長期的なことを考えれば、ドアノブの交換をするのが望ましいです。

ドアノブの鍵部分が壊れている

鍵をかけることが出来るドアノブだと、その鍵の部分が壊れていることもあります。鍵の開け閉めが上手くおこなえないなどの症状が出てきたら、鍵を使わないようにしておき、最終的にはドアノブを交換してしまいましょう。

 

ドアノブ内部の部品が消耗している

経年劣化などでドアノブ内部の部品が寿命を迎えている場合もあります。こうしたときは、素直にドアノブを交換するのが一番です。ただ、ドアノブ部品の消耗が早すぎる場合は何かしら他の原因があると思われます。

 

ドアノブは大切に扱いましょう

ドアノブは大切に扱いましょう

 

ドアは毎日開閉されています

ほとんどのドアは毎日開け閉めがおこなわれ、そのたびに少なからず部品が摩耗し、負荷もかかります。乱暴な扱いで無理な力がかかれば、当然ながら摩耗や負荷も大きくなっていきます。

 

ドアノブを長く使っていきたい場合は、毎日の扱い方にも気をつけ、丁寧な使いかたを心がける必要があるでしょう。そうすれば、少なくとも無理な壊れかたなどはしなくなりドアノブの寿命も延びます。

 

定期的なメンテナンスが必要です

ドアノブは精密な構造をしており、ちょっとしたことから不調をきたすこともあります。そうした不調を防ぐために、定期的なメンテナンスをしてあげるのがおすすめです。メンテナンスといっても何も難しいことは無く、内部に潤滑油を流し込んだり、ネジの緩みを確認し、場合によっては締め直してあげたりするだけです。

 

定期的にこのようなメンテナンスをしてあげるだけで、ドアノブの寿命を伸ばすことが出来ます。さらに何か不調がある場合も、すぐに発見出来る可能性があります。不調をすぐに発見出来れば早めの対処も出来るため、部屋に閉じ込められたりするのを未然に防ぐことにもつながります。

 

業者に依頼すれば安心です

ドアノブが壊れた場合、修理や交換は工具などを使った作業になります。寸法などを間違えるとドアノブを取り付けることが出来ないこともあります。そういったことに心配を感じる人は、ドアの修理業者に依頼すれば安心です。

 

ドアノブの修理は相場だと数万円程でおこなってくれるようですので、自分で修理するのに自信が無い場合は頼ってみることをおすすめします。

 

まとめ

ドアノブが壊れた場合は、壊れるまでのあいだに原因が積み重なっていることが多いです。長期間使用していることで、ドアノブのガタつきや、ドアノブを回しても空転してしまうなどといった症状がでてきます。

 

そうした症状の原因は経年劣化による部品の消耗やトイレなどの湿気の多い場所のものはサビつきが発生している場合もあります。また、ドアノブの扱いかたに問題がある場合もあるでしょう。

 

ドアノブは毎日使うものですので、使い方が悪いと壊れるのも早いです。長く使い続けるためには丁寧に扱うことと、定期的なメンテナンスを心がけるのがおすすめです。もし、ドアノブが壊れた場合に修理をおこなうのが難しいと感じたときは、迷わず業者に依頼しましょう。