ドアノブ交換修理ならお任せ下さい!|ドアノブを鍵付きのものに自分で交換しよう!事前に確認すること

ご相談無料24時間365日受付ております。フリーダイヤル0120-949-892

フリーダイヤル0120-949-892

最新情報・レポート

ドアノブ交換修理.jp|ドアノブ修理交換:8,400円~のコラム記事ページです

ドアノブを鍵付きのものに自分で交換しよう!事前に確認すること

ドアノブを鍵付きのものに自分で交換しよう!事前に確認すること

 

ドアノブには鍵がついているものと、ついていないものがあります。最近では、鍵付きのドアノブに交換したいという声も多く、鍵付きのドアノブの需要は高くなってきているようです。また、ドアノブは自分で交換することもできます。その手軽さも交換を検討する理由のひとつなのではないでしょうか。

 

この記事では、自分で鍵付きのドアノブに交換する方法を紹介します。しかし、交換をする前に確認しておかなくてはいけないことがあるので注意しましょう。記事を一読することで、ドアノブの交換方法や注意点、鍵付きのドアノブに交換するメリット・デメリットなどさまざまな情報を集めることができます。

 

 

交換するドアノブの選び方

何事にも下準備や確認が大切なように、ドアノブの交換にも事前の確認が必要です。設置するドアにあったものを選ばなくてはなりません。確認をすることなく新しいドアノブを購入してしまうと、サイズが合わないなどの不具合が起きてしまうかもしれません。事前に確認しておいた方がいいことを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

型番とドアの厚みを確認する

型番はドアノブの側面に刻印されていることが多いです。同時にメーカーも確認しておくといいかもしれません。また、ドアの厚みも測りましょう。ドアと地面の隙間にものさしなどを入れて測ると正確な数値を測定しやすいです。

 

バックセット

バックセットとは、ドアの角からドアノブの中心までの距離です。上記と同様ものさしなどを使って長さを測りましょう。

 

好みのドアノブを見つける

上記の測定を行ったら、ドアノブを選びましょう。ドアノブにはさまざまな形、色、大きさがあります。一般的に使用されることの多いドアノブを紹介するので、参考にしてみてください。

 

・レバーハンドル

レバーハンドルは、しっかりと握らなくても開けることができます。強い力も必要なく簡単な動きで済むので、子供やお年寄りが使用することが多い場所に最適です。

 

・円筒錠

日本で最も使用されているといわれている、丸い形をしたドアノブです。ドアノブを握って回すと開けることができます。従来の円筒錠のドアノブは、ドライバーなどで簡単に取り外されてしまうという欠点がありました。しかし、最近の円筒錠はセキュリティ面を強化したものが多く販売されています。

 

このように、ドアノブで使い勝手や見た目変わってくるので、ご自宅にあったものを選ぶといいでしょう。しかし、ドアノブを見つける作業が結構大変です。好みのドアノブが見つかっても、サイズが合わないなどの原因で設置できないケースもあります。

 

鍵付きのドアノブを自分で交換してみよう

鍵付きのドアノブを自分で交換してみよう

 

鍵付きのドアノブは自分で交換することができます。知識や手順を知っておけば作業できるので、実践してみてください。まずは、型番やドアの厚み、バックセットに合わせてレバーハンドルを選びます。交換する前のドアノブと同じメーカーのものを選ぶと比較的簡単に交換することができます。

 

自分でできる作業方法

道具など必要なものを用意して作業をしましょう。

【用意するもの】
  • ドライバー
  • 新しいドアノブ
  •  

    【交換手順】

    ①取っ手のネジを外す

    取っ手にあるネジをドライバーで外しましょう。ネジを外すと取っ手を引き抜くことができます。

    ②カバーと樹脂座を外す

    取っ手を外すときと同じ方法で、カバーとを樹脂座外しましょう。

    ③ドアノブを設置する

    ドアノブを外したら、次は新しいドアノブを設置しましょう。外したときの作業と逆の手順で設置を行えば設置することができます。鍵の部分を設置するときは、開いている状態の向きのまま設置してください。

     

    このようにドアノブを交換する方法は、ドアノブを外して、ドアノブを外したときと逆の手順で取り付けるだけなので簡単です。しかし、メーカーを変える場合や、大幅にドアノブを変える場合は交換方法が難しくなるので気をつけましょう。また、メーカーによって作業方法も異なります。ドアノブに付属の説明書などに目を通して作業するといいでしょう。

     

    鍵付きのドアノブに交換するメリット・デメリット

    最近では、鍵のないドアノブから鍵付きのドアノブへと交換する方が多くいらっしゃいます。鍵付きのドアノブの需要が高くなっている理由は、ドアノブを鍵付きのものに交換するとメリットが多いからでしょう。どのようなメリットがあるか解説していきます。また、メリットがあればデメリットもあります。メリットとデメリットの両方を踏まえたうえで検討しましょう。

     

    メリット

    ドアノブを鍵付きのものに交換したときの一番のメリットは、防犯対策ができることでしょう。一人暮らしの方や、家に人を招くことがあまりない場合は、玄関の鍵で十分と考えている人が多いです。しかし、多くの人が訪れる場合は、いつ誰に部屋に出入りされてしまうかわかりません。

     

    部屋に大切なプライベートや仕事の情報があるなど、情報がもれてしまうのを恐れている方は、鍵付きのドアノブに交換するといいかもしれません。鍵があれば相当なことがない限り勝手に侵入されることはありませんし、プライバシーを守ることができます。

     

    デメリット

    デメリットとしては、鍵のついていないドアノブに比べると費用がかかってしまうことです。鍵付きのドアノブをつけることでセキュリティを強化できるなどのメリットがある分、費用も高くなります。費用のほかは、鍵付きのドアノブをつけることで起きるデメリットはほとんどありません。基本的に鍵付きのドアノブをつけることは、メリットの方が多いです。

     

    自分でできない場合は業者に任せよう!

    自分でできない場合は業者に任せよう!

     

    上記でも紹介しましたが、同じメーカーの場合や以前のドアノブと似たものに交換する場合は、比較的自分で作業することもできます。しかし、メーカーの違うドアノブや、以前のものとは大幅に違うものに交換する場合は、自分で作業をすることは困難です。

     

    自分で作業できない場合は、業者に依頼する必要があります。業者に鍵付きのドアノブの交換を依頼したときの費用について紹介するので、参考にしてみてください。また、設置後も安心して使用するためには、信頼のできる業者に依頼することが大切です。

     

    費用

    業者に依頼したときにかかる費用は、基本的に業者の作業費と、ドアノブの本体価格で決まります。依頼する業者によっては、現場に出向かうための出張費が発生することもあります。現場と遠い場所に会社がある業者に頼むと発生してしまうので、できるだけ現場から近くにある業者に依頼するといいかもしれません。

     

    また、ドアノブ本体は業者を通して購入するよりも、自分で用意した方が安く済むケースがあります。事前に業者に本体価格を確認して、検討するといいかもしれません。

     

    業者の選び方

    信頼のできる業者を選ぶためのポイントがあります。せっかく業者に依頼するのですから、条件が良く満足のできる業者を見つけましょう。

     

    ☑無料で見積もりをしてくれる

    事前に見積もりを依頼して費用の目安を知っておくことが大切です。業者の作業費やドアノブの本体か課はいくらなのか確認しておきましょう。また、追加料金は発生しないかの確認もしておくとより一層安心です。無料で見積もりを行ってくれる業者もあるので、利用してみましょう。

     

    ☑ドアノブ選びから丁寧に対応

    ドアノブ選びや、相談にも丁寧に対応してくれる業者を選ぶといいかもしれません。また、質問の返答は的確さもチェックしておくといいでしょう。戸惑うことなく答えられる業者は、実績や知識が豊富だと考えられます。

     

    ☑ホームページを見る

    業者のホームページを見て、情報を収集しておくといいでしょう。費用の目安や業者の雰囲気も知ることができます。また、電話番号や住所などの情報が正しく記載されているかの確認もすると安心です。

     

    このように事前に業者について詳しく調べておくことが大切です。すぐに決めてしまうのではなく、複数の業者を比較して決めましょう。

     

    まとめ

    ドアノブを鍵付きのものに交換すると、セキュリティ保護ができるなどとメリットがあります。費用は鍵のついていないドアノブに比べると高くなってしまいますが、情報がもれてしまわないかなどの不安な気持ちをなくすことができるでしょう。

     

    上記でも紹介したような手順に従って作業することで、自分でも交換することができます。しかし、各メーカーによって作業方法が異なることもあるので、作業を始める前にドアノブに付属されている説明書に目を通すようにしましょう。

     

    自分で作業することが不安な方は、業者に依頼してみるのも安心な一手です。安心できる業者を見つけるためには、まずは費用についてある程度確認し、実績や対応も確認しましょう。