ドアノブ交換修理ならお任せ下さい!|ドアノブの交換時期を知ってトラブルに備えよう

ご相談無料24時間365日受付ております。フリーダイヤル0120-949-892

フリーダイヤル0120-949-892

最新情報・レポート

ドアノブ交換修理.jp|ドアノブ修理交換:8,400円~のコラム記事ページです

ドアノブの交換時期を知ってトラブルに備えよう

ドアノブの交換時期を知ってトラブルに備えよう

 

ドアノブは突然壊れてしまうというケースは非常に少なく、徐々に調子が悪くなっていくため交換のタイミングを見計らうのが案外難しいです。調子が悪くても使えているうちは交換や修理の対応をする方も少ないかもしれません。今回はドアノブの交換時期や壊れる原因などをご紹介します。ドアノブが何かの弾みで動かなくなって室内に閉じ込められるなど予期せぬトラブルが起こることもあります。ぜひ参考にしてドアノブの交換や修理にお役立てください。




ドアノブの交換時期

ドアノブの寿命は10~15年が目安と言われています。メーカーでの耐久テストも「10年使用可能か」という基準を設けて行われており、それに基づいて寿命は10~15年とされているのです。日本ロック工業会(JIMA)が制定した建物で使用されているものの耐用年数は、一般錠が10年、電気信号によって解錠・施錠を行う電気錠は7年としています。やはり10年を超えて使用している場合は部品なども劣化しているため、故障がいつ起こってもおかしくない状態と考える方がよいでしょう。


しかし、単純に年数だけでなく使用頻度によっても耐久性は大きく変わってきます。例えばリビングやトイレ、浴室など頻繁に何度も出入りをするような場所のドアノブはやはり消耗しやすく故障のリスクも上がります。逆に普段荷物をしまっておくだけの部屋などは使用頻度も少なく、寿命と言われる年数よりも長く使える場合ももちろんあります。


使用年数をひとつの基準として、そのほかに故障や不調のサインがないかで交換や修理の対応をする必要があるのです。使いにくくなるなどの不調以外に、回す時にキーキーと音がするような場合もメンテナンスが必要となっています。使用時に何か違和感が出てきたらそれは交換時期のサイン。早めに対処するようにしましょう。


ドアノブが壊れる原因

ドアノブが壊れる原因

 

ドアノブが壊れる原因は使用されている場所によっても変わってくるのでさまざまです。主な原因をいくつかご紹介します。

・長期使用による部品の消耗(10年以上)
・ネジの緩み
・乱雑な使い方による内部の故障
・使用頻度が高く部品が摩擦などで消耗

上記に挙げた項目による故障はいずれもジワジワゆっくりと調子が悪くなっていくため「壊れた」と判断するタイミング非常に難しいです。それ以外にも水回りなどでは腐食や錆びつきなども壊れる原因となりますし、玄関ドアのドアノブはホコリや砂が鍵穴に入り込むため鍵が動作しにくくなり壊れることもあります。ほかの外的要因としては、鍵穴に異物を詰めてしまったりすることでドアノブが壊れてしまうこともあります。お子さんがいるご家庭や屋外にあるものはこのようなトラブルにも注意が必要となります。


ドアノブによくあるトラブルとは

ドアノブの調子が悪くなってくるとどんなトラブルが起こるのでしょうか。この後に具体例を挙げていきますが、なかには「毎日のことで気にならなくなった」という方もいるかもしれません。今一度ご自宅で交換時期のサインとなるトラブルが起きているドアノブがないか気にしてみてください。

・ドアノブがガタガタする
・ドアノブが回せなくなった
・ドアノブが外れた
・鍵がかかりにくい、かけられない
・ドアノブが空回りして開けられない
・腐敗
・手垢や汚れがつきやすく取れない

最後の手垢や汚れの堆積については正直トラブルと言えるのか?という方もいるかもしれませんが、汚れの堆積はドアノブの回りにくさなどの不調につながっていきます。使用頻度の高い場所にあるドアノブは、長持ちさせるためにもぜひ定期的に掃除をするようにしましょう。


鍵が回りにくくなってきた場合にオイルを差す方がいるのですが、これは内部でオイルが固まって逆に動かなくなってしまう場合があります。オイルではなく鉛筆の芯を削って粉状にしたものを鍵にまぶして2~3回、解錠と施錠を繰り返すだけで滑りがよくなってきます。お困りであればぜひお試しください。


ドアノブの種類はさまざま

ドアノブの種類はさまざま

 

ドアノブは形状や使用する場所によって非常にさまざまですが、大きく分けると3種類に分類されます。


①円筒錠

もっともよく目にするタイプのドアノブで、握るところが丸いものです。トイレのドアなどにもよく使用されていますが、玄関や勝手口でも使用されています。最近では防犯の手口も煩雑になり円筒錠は破られやすくなってきたため、室内での使用が一般的になってきています。


②レバーハンドル

ハンドルが握りやすく開閉を軽い力でできるため、玄関ドアや室内扉など室内・室外どちらでもさまざまな場所で使われています。小さい子供や高齢の方でも使いやすいため人気のあるタイプです。


③装飾錠

最近では見かけることが少なくなってきましたが、一軒家のドアにつけられていることが多く、縦長でデザインの施されたドアノブです。高級感のある見た目が特徴ですが、同じものとの交換が難しく、故障の際は別の装飾錠を勧められるのが一般的です。


円筒錠の室内で使われているような簡易のタイプのものであれば、ご自身で交換が可能な場合もあります。新しいドアノブとドライバー1本でできるので、ご自身で対応出来れば非常に安価で交換することができてしまいます。以下の内容を調べたうえで新しいドアノブを準備すると間違いがないでしょう。

・ドアの厚さ
・ラッチのついているドア端からドアノブの中心までの距離(バックセット)
・ラッチが取り付けられている金属板の幅、長さ、形状(フロントサイズ)
・ドア側面についているフロントのビスとビスの距離(ビスピッチ)
・メーカー名

まとめ

ドアノブが壊れてしまうとドアが開けられず、思いがけないトラブルが起こってしまいます。そうなる前にぜひ交換時期をご自身で見極めていただき、早めに対応するようにしましょう。ご自身で交換可能なドアノブももちろんありますが、室外用に作られているドアノブなどは防犯のため非常に複雑になっているので、ご自身での対応は難しくなってきます。その場合は業者へ依頼して対応してもらうようにしてください。似たタイプへの交換はもちろん、使用場所にあった使いやすいものなどアドバイスもしてもらえるので、相談してみましょう。