ドアノブ交換修理ならお任せ下さい!|ドアノブを簡単にDIYで交換する方法!

ご相談無料24時間365日受付ております。フリーダイヤル0120-949-892

フリーダイヤル0120-949-892

最新情報・レポート

ドアノブ交換修理.jp|ドアノブ修理交換:8,400円~のコラム記事ページです

ドアノブを簡単にDIYで交換する方法!

ドアノブを簡単にDIYで交換する方法! ドアノブの交換は一見難しそうですが、事前に確認すべきことと方法を知っていれば、自分で交換することもできます。
室内の握って回すタイプのドアノブは、劣化が進んでしまうと回すのに力が必要になります。またシリンダー錠がついているタイプは、故障する場合があるため、交換したいところです。ドアノブは部屋の出入りをする際に必ずと言って良いほど開け閉めするものですから、できるだけ便利なものを使用していきたいところです。

今回は玄関の物ではなく室内で使用されている、回すタイプのドアノブを個人で交換する方法をご紹介いたします。



ドアノブを交換する前に確認すること

ドアノブを交換するとき、まず一番に注意したい点がドアノブの「サイズ」と「メーカー」です。これがわからないと、同じ構造のドアノブを見つけることができません。
サイズとメーカーはラッチフロントに記載されていることが多いのでまず確認してみましょう。
ドアノブはホームセンターやインターネットなどで購入できますが、現物を手に取って確認しやすいホームセンターがおすすめです。店舗によってはドアノブが展示してある場合もあり、握りやすさや回しやすさの確認できます。ドアノブ選びに迷ったときは、使い勝手のいいレバータイプがおすすめです。

ドアノブは基本的に元のドアノブと同じサイズでなければうまく取り付けることができません。見た目や機能性だけで選んでしまうと、もう一度ドアノブを買いなおすはめになるので注意しましょう。うまく選ぶ自信がないときはホームセンターの店員さんにサイズとメーカーを伝えて選んでもらいましょう。

ドアノブの交換方法

ドアノブの交換方法 ドアノブを交換する際は以下の道具が必要になります。(ドアノブの種類によっては他に工具を使用する場合があります)

・交換するドアノブ、取り付け用のビスなど
・ウォーターポンププライヤー
・ドライバー(プラス、マイナス)
・四方キリ(千枚通し)
・爪楊枝
・ニッパー
道具の準備ができたらいよいよ交換です。

ドアノブの取り外し方


1、握り部分を外す
ドアノブの握る部分を、ドア側から斜めに覗き込むと、内側に小さな穴があります。そこに四方キリを押し込みながら手前に引くとドアノブが外れます。

うまく外せないときはドアノブの根元についている丸い金具をウォーターポンププライヤーで挟み、反時計回りに回転させて緩めてみましょう。このとき、あて布をすれば傷がつきにくくなります。

2、丸座・座金を取り外す
丸座丸座(ドアノブの付け根の部分)マイナスドライバーを差し込んで、てこの原理でゆっくり浮かせながら取り外します。乱暴に作業するとドアを傷つけることもあるので、注意しましょう。

丸座を取り外すと座金(ドアノブを固定している金具)が現れますので、ネジを取ってから取り外します。座金を取り終わった後、反対側のドアノブが引き抜けます。

3、フロント版を取り外す
フロント版の上下に取り付けられているネジを外し、ドアノブを取り除いた穴側からドライバーなどでゆっくり押し出しましょう。するとフロント版がずれて簡単に外せます。

新しいドアノブを設置する



1、ネジ穴の調節
設置するドアノブによっては、フロント版が取り付けられていた箇所のネジ穴が大きすぎる場合があります。そのときは、爪楊枝に接着剤をつけて奥に差し込み、乾燥したらあまった部分をニッパーや手で折りましょう。

2、フロント板を取り付ける
ラッチボルトを差し込み、フロント版にある上下のネジを取り付けます。ネジをとめる際。2本を交互に少しずつ締めるのがコツです。

また、フロント版のネジは最後にきつく締める必要があるため、少し出っ張る程度に締め残しておきましょう。

3、座金・ドアノブを設置する
座金をネジで取り付けた後何度か動かし、開閉状況の確認をしましょう。
ドアノブと鍵の開閉状況に問題がなければ、内側のドアノブを差し込み、ネジを回して固定します。この時も、交互に少しずつ締めるようにすると綺麗に取り付けることができます。

4、フロント版のネジを締める
レバーを実際に何度か動かして、不具合や違和感がないのであれば、フロント版のネジをきつく締めて完成です。

DIYは手軽にできるが注意が必要

DIYをする場合、メリットも存在しますが、デメリットも存在します。

DIYのメリット

・ドアノブ交換が好きなタイミングで行える
・自宅内に他人を呼ばなくてもいい
・施工費用がかからない

DIYのデメリット

・ドアノブ設置サイズが合わないものを買うと、費用がかさんでしまう
・無理に設置した場合不具合が発生しやすい
・ドアの穴サイズに合わないものを設置した場合、ドア本体が故障する可能性がある。
誤ってサイズの合わないものを購入してしまう可能性があります。また、誤った手順で取り付けたり、規格の違うドアノブを無理やり取り付けたりした場合、ドアを傷つけてしまいます。最悪の場合、ドア自体を交換する必要さえ発生してしまうかもしれません。

自分でできないときは業者へ相談

自分でできないときは業者に相談 DIYには失敗のリスクがつきものです。自分でやってもうまくいかないときは、無理せず業者さんに相談するのがおすすめです。途中からでも丁寧に対応してくれます。

特に、デザイン性を重視した特殊な形状のドアノブの交換は個人で行うには難しいです。失敗したときのリスクを考えると個人での交換はおすすめできません。

ドアノブを交換しようと思っていたのに、ドア自体を壊してしまっては余計な時間と費用が必要になります。費用のことや掛かる時間のことを考えた場合、ドアノブ修理のプロにお任せしたほうが良いでしょう。

まとめ

ドアノブ交換は正しい方法で行えば、個人でも交換をすることができます。怪我をする可能性があるので、安全面に十分注意したうえで、取り外し・取り付けを行うようにしましょう。

ドアノブはサイズの規格に注意する必要があります。購入時にはメーカー名とサイズをしっかりと確認してから選ぶと購入時に失敗するリスクを下げることができます。

途中でやり方がわからなくなった、自分でできるか心配といった場合は、すぐに問題を解決してくれるドアノブ修理のプロに相談して悩みを解決してもらいましょう。