ドアノブ交換修理ならお任せ下さい!|静電気の発生にご注意ください

ご相談無料24時間365日受付ております。フリーダイヤル0120-949-892

フリーダイヤル0120-949-892

最新情報・レポート

ドアノブ交換修理.jp|ドアノブ修理交換:8,400円~のコラム記事ページです

静電気の発生にご注意ください

10月に入り、徐々に秋の空気が深まっているように感じられます。いよいよ冬支度も視野に入れる必要があるのかもしれませんが、その際はドアノブについても一度お考えください。冬になりますと発生する、厄介なものが静電気です。多くの人が、ドアノブに触れた際に「パチッ」と静電気に襲われた経験があるでしょう。静電気はいつ起こるのかわからず、痛みも走りますのでできることなら避けたい現象です。
そもそも、どうして静電気が発生するのでしょうか。静電気は、プラスに帯電しやすい素材と、マイナスに帯電しやすい素材とが擦れあうと発生しやすくなります。湿度が高いうちは空気中の水分に電気が流れるため、夏季は滅多に静電気は発生しません。しかし、湿度が低い冬季はそうはいきません。また、ドアノブに触る時は基本的に指先から触れることになると思います。そうしますと狭い範囲から電気が流れる事になり、傷みが大きくなってしまうのです。
簡単な静電気対策としましては、ドアノブに触れる前にドアや壁に触れて静電気を流してしまうという方法があります。それが習慣になればよいのですが、ついつい忘れてしまう事も多いでしょう。そのような場合は、ドアノブ交換を考えてみてはいかがでしょうか。例えば木製のドアノブに交換すれば、静電気を防ぐ事ができます。また、木製のドアノブは金属のドアノブより滑りにくく、手が濡れていたとしても力を込めやすくなります。古いドアノブをお使いでしたら、このようなドアノブに交換するのも良いかもしれませんね。