ドアノブ交換修理ならお任せ下さい!|目に見えない部分の故障にご注意ください

ご相談無料24時間365日受付ております。フリーダイヤル0120-949-892

フリーダイヤル0120-949-892

最新情報・レポート

ドアノブ交換修理.jp|ドアノブ修理交換:8,400円~のコラム記事ページです

目に見えない部分の故障にご注意ください

ドアノブは目に見えている部分以外にも、ドアの中に埋め込まれている部分があることはご存知だと思います。 実際に私達が握っているドアノブやドアレバーは、ドアに空けられた穴を通じて室外と室内側が繋がっています。 ドアの中に埋め込まれているのは、ドアが勝手に開かないようにする「空錠(くうじょう・そらじょう)」というものです。ラッチボルトとも呼ばれます。ちなみに、空錠に対して、鍵などで固定するものを「本締め錠」といいます。 空錠は、普段はドア枠に取り付けられ「ストライク」という金具に明けられた穴に引っかかって、ドアを固定しています。 ドアノブをひねったり、ドアレバーを下げたりするとこの空条がドアの中に引っ込んで、ドアの開閉ができるようになります。 この空錠は、普段あまり気にすることもありませんが、ドアの開閉の度に力の掛かる部分ですので、徐々に劣化していく場合があります。特にドアを強く締めたり、ドアノブに体重を掛けたりすると、金属が疲労していって、やがて折れてしまうことがあります。 ドアノブ自体がもぎ取れたり、折れたりした時は見てすぐに分かりますが、ドアの中の部品が壊れると、中々原因が掴めずに困ってしまうと思います。壊れる前に交換しておくのが一番ですが、壊れてしまった場合は、早めに当サイト、ドアノブ交換修理.jpにご相談ください。