ドアノブ交換修理ならお任せ下さい!|梅雨に増える故障の原因

ご相談無料24時間365日受付ております。フリーダイヤル0120-949-892

フリーダイヤル0120-949-892

最新情報・レポート

ドアノブ交換修理.jp|ドアノブ修理交換:8,400円~のコラム記事ページです

梅雨に増える故障の原因

雨の多い時期に突入し始めましたね。菌やウイルスが繁殖しやすい時期になりますので、お身体に気を付けて頂けますと幸いです。さて、この雨の時期に増えるのは菌やウイルスだけではありません。ドアノブ修理やドアノブ交換の需要が増えるのも、この雨の時期になります。ドアノブが故障してしまう原因の多くは、金属部分のサビから発展します。この梅雨の時期は金属に湿度が溜まりやすく、サビや水気を吸ったホコリなどによって故障してしまうケースがあるのです。しかし、この梅雨の時期に気を付けるのはドアノブの金属部分だけではありません。ドアノブの木材部分の故障が、この時期には増加するのです。木材は水分を吸い込む効果があります。木材は水分を吸い込むことで膨張し、ドア枠の部分と擦れ合って歪んでしまうことがあるのです。この歪みやズレによって、ドアノブのつがいが合わなくなることで、ドアノブ故障に繋がってしまうケースが少なくないのです。木材部分が原因となるドアノブ故障は、DIYでは直すことが難しくなりますので、ドアノブ修理業者に依頼することをオススメいたします。ドアノブの金具を支える木材を調節しなければ、木材の歪みが残ったままになり、被害が再発しかねません。故障の原因究明をして修理を行うドアノブ修理業者なら被害の再発を防ぐことができるでしょう。気になる雨の時期だからこそ、当サイトでドアノブ修理業者を探してみてはいかがでしょうか。