ドアノブ交換修理ならお任せ下さい!|壊れたままのドアノブは早めの修理を

ご相談無料24時間365日受付ております。フリーダイヤル0120-949-892

フリーダイヤル0120-949-892

最新情報・レポート

ドアノブ交換修理.jp|ドアノブ修理交換:8,400円~のコラム記事ページです

壊れたままのドアノブは早めの修理を

ドアノブが壊れたままになっていても、気にしない方もいるようです。とりあえず扉は付いているし、鍵を閉めれば固定も出来るという方も居るようですが、これは危険かもしれません。
通常、ドアの固定にはラッチボルトという、ドアノブと連動したボルトが、ドア枠の受金具であるストライクという部分に嵌まることで行われています。
しかし、何らかの原因で、ラッチボルトが外れたままになってしまうことがあります。ドアノブを開いた状態で固定されてしまった場合がこれに当たりますが、この状態だと、ドアは押すだけで簡単に開いたり閉じたりしてしまいます。
風が吹けば勝手にドアが開く、もしくは閉まるという状態は決して安全ではありません。突然閉まるドアに体を挟まれたり、小さなお子様ですと指の切断や骨折ということも考えられます。
また、ドアが開け放しというのは、防犯上極めて危険です。空き巣に向けてここから入れるというのを宣伝するようなものです。
鍵などで固定できると言っても、裏を返せば鍵を閉め忘れたらドアが開いてしまうわけですから、単なる鍵の閉め忘れ以上に、危険な場合も考えられます。
ドアノブ交換については、当サイトでいつでも受付けていますので、どうぞご相談ください。