ドアノブ交換修理ならお任せ下さい!|古いドアノブは危険

ご相談無料24時間365日受付ております。フリーダイヤル0120-949-892

フリーダイヤル0120-949-892

最新情報・レポート

ドアノブ交換修理.jp|ドアノブ修理交換:8,400円~のコラム記事ページです

古いドアノブは危険

玄関や部屋など、ほとんどのドアにはドアノブがついています。このドアノブにも寿命はあり、10~15年程度と言われていますが、それ以上使える場合もあります。しかし、古くなったドアノブには危険性が潜んでいます。その危険性が現実になる前に、ドアノブ交換を行うことをオススメします。古くなったドアノブの危険性の1つは故障のリスクが高いということです。握り玉式やレバーハンドル式など、ドアノブといっても複数の種類があります。しかし、共通して言えることは、故障すると、ドアが開かなくなる恐れがあるということです。ドアノブはドア枠の窪みにハマり、ドアが開くのをおさえてくれるラッチボルトと連動しているため、ドアノブが故障するとラッチボルトも引っ込まなくなることがあります。そうすると、ドアを開けることができなくなり、家に入れなくなったり、トイレに閉じ込められたりすることもあるのです。また、古いドアノブというだけで、空き巣に狙われるリスクが高まります。古いドアノブは、ピッキング対策が取られていなかったり、最悪の場合壊されたりと防犯性能が低いのです。空き巣が事前の下見で古いドアノブだと気がつけば、ターゲットに選ばれるかもしれないのです。こういった危険を回避するためには、古くなったり、少しでも異常を感じたりしたときには、業者に依頼してドアノブ交換を行いましょう。