ドアノブ交換修理ならお任せ下さい!|使いやすいレバーハンドルタイプの注意点

ご相談無料24時間365日受付ております。フリーダイヤル0120-949-892

フリーダイヤル0120-949-892

最新情報・レポート

ドアノブ交換修理.jp|ドアノブ修理交換:8,400円~のコラム記事ページです

使いやすいレバーハンドルタイプの注意点

ドアノブといいますと、多くの人が思い浮かべるのは丸い握り玉タイプのものかもしれません。しかし、そのようなドアノブはご高齢の方や体が不自由な方などには扱いづらい事も多く、現在はレバーハンドルタイプのものが一般的になりつつあります。その施工については、国の助成制度を利用する事も可能となっているほどです。しかし、便利なレバーハンドルのドアノブでも、注意点があります。
それは、使用方法によっては壊れやすいということです。レバーハンドルは力をかけやすいというメリットがある反面、力を入れすぎてしまうということがあります。小さなお子様が乱暴に扱ってしまったり、体重を乗せすぎたりすることで破損してしまう事があるのです。使用頻度が高かったり、玄関ドアのドアノブなど温度差の激しい場所のドアノブほど劣化は進みやすいため、特に注意が必要です。
ドアノブの使い方はシンプルですが、内部の構造は外見以上に複雑です。そのため、DIYでは失敗してしまうことも珍しくありません。その施工については、ドアノブのプロに任せるのが良いでしょう。プロに依頼することで速やかに施工を終えられるのはもちろん、その後の使い心地や耐久性にも違いが現れます。お悩みの際は、プロの力を頼るようにしてください。