ドアノブ交換修理ならお任せ下さい!|ドアノブの調子が悪い時でも、自分で勝手に直すのは危険です。

ご相談無料24時間365日受付ております。フリーダイヤル0120-949-892

フリーダイヤル0120-949-892

最新情報・レポート

ドアノブ交換修理.jp|ドアノブ修理交換:8,400円~のコラム記事ページです

ドアノブの調子が悪い時でも、自分で勝手に直すのは危険です。

「ドアノブの調子が悪い・・・」「スムーズに回らなくなってきた」などドアノブに関する問題は、実際に身に起こってからでないとなかなか考え至ることが少ないのではないでしょうか。 そのような問題が起こってから初めて「ドアノブってどんな作りなんだろう」と疑問を抱くことが多いのではないでしょうか。しかし、ここで安易に解体して自分で直そうとすることはおすすめできません。 仮に上手く解体できたとしても、どこに問題があったのか、どの部品を取り替えればよいのか、そして、不具合のあった部品を取り替えることができたとしても、実際に再び組み立てることは可能なのか、家の外に付いているドアノブの場合は、それを取り外してから再び取り付けるまで、ドアノブが使えない状況で家の出入りをどうするのか・・・など多くの問題が山積しているからです。ドアノブの調子が悪くなってしまった時は一度、ドアノブ修理交換.jpにご連絡ください。すぐに応対できるドアノブ修理業者にお取り次ぎ致します。 しかし、自分で見えない部分だからこそ、どのような作りになっているのか気になりますよね。ここで簡単にドアノブの作りについて触れたいと思います。 ドアノブは実は取り外すとドアに穴が空いた状態になります。そして、ドアの両側に取り付けられるドアノブと連動して動くようなパーツが埋め込まれています。一般的にはドアノブを外すだけですが、ドアノブの方に問題が無いときは、こちらのドア本体の内部にあるパーツを取り外して修理する場合もあるようです。