ドアノブ交換修理ならお任せ下さい!|ドアノブに使われる素材と特性

ご相談無料24時間365日受付ております。フリーダイヤル0120-949-892

フリーダイヤル0120-949-892

最新情報・レポート

ドアノブ交換修理.jp|ドアノブ修理交換:8,400円~のコラム記事ページです

ドアノブに使われる素材と特性

ドアノブには様々な種類の素材が使われています、ではそれぞれの素材にはどのような特徴があるのでしょうか?今回はドアノブに使われる素材と特性について少し紹介したいと思います。

ステンレス
ステンレスは熱や腐食に強い素材なので、表面処理が不要なのが生産がしやすいのが利点です。一般出来なドアノブはこのステンレスを使って作られています。

ブラス
ブラスは削りやすいという特徴があるので、彫り物などのデザインをつけやすいので、デザイン性の高いドアノブを作る時などによく使用されます。また、表面をメッキ加工することで黄味がかった独特光沢を放ちます。

ブロンズ
ブロンズもブラスを似た特性を持っていますが、メッキ加工した時に赤味がかった光沢を放ちます。また、ニッケルと混ぜることでホワイトブロンズという素材に変化し神秘的な輝きを放ちます。

チタン
チタンは通常の鉄とくらべて強度が2倍もあると言われており、非常に丈夫な素材です。また、重量非常に軽いというもの特徴です。 最近では非帯電性や抗アレルギー性を持つなどの特性もあり、注目を集めている金属です。

このようにドアノブを作る素材にも様々な物が存在し、その特性も様々です。今後ドアノブを交換する時には素材についても考えてみてはいかがでしょうか?