ドアノブ交換修理ならお任せ下さい!|ドアノブが故障する原因は?

ご相談無料24時間365日受付ております。フリーダイヤル0120-949-892

フリーダイヤル0120-949-892

最新情報・レポート

ドアノブ交換修理.jp|ドアノブ修理交換:8,400円~のコラム記事ページです

ドアノブが故障する原因は?

普段生活している上で何度も頻繁に使用される機会のあるドアノブ。開閉がスムーズに行えなくなったなど、調子が悪くなってしまった事を経験した事のある方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。一般的にドアノブが故障してしまう原因は経年劣化が多く挙げられ、その他であれば物理的なダメージによる破損、一部部品の故障などがあります。しかし故障原因はこれだけではなく、あまり想像しにくいような問題点も存在している場合があるのです。砂やホコリなどが蓄積されてしまうとどんどんドアノブの調子が悪くなってしまいますし、意外にも気温などの環境によってドアノブが故障してしまうケースも考えられます。水分や湿気などは内部の部品を錆びらせてしまいますので、それが原因で故障する事は安易に予想できるかと思われますが、蒸し暑い日が続く場合に強い不可をかけてしまうと、部品が歪んでしまったりする事もあるのです。また、ドアノブ周辺の結露を放置し続ける事で一部が凍結してしまい、開閉が困難となってしまう事も珍しくはありません。一般的にドアノブの耐久年数はおよそ10年前後が目安であると言われておりますが、このような状況下ではそれよりも早く故障してしまう事は十分にあり得るのです。ドアノブの問題を軽視してしまうと突然開閉が行えなくなってしまったりする場合がありますので、長らくご使用されている方や、不調が見られた際には業者の方にドアノブ交換について必要性などを伺ってみると良いでしょう。