ドアノブ交換修理ならお任せ下さい!|ドアノブが壊れる原因とは?

ご相談無料24時間365日受付ております。フリーダイヤル0120-949-892

フリーダイヤル0120-949-892

最新情報・レポート

ドアノブ交換修理.jp|ドアノブ修理交換:8,400円~のコラム記事ページです

ドアノブが壊れる原因とは?

ドアノブも物である以上、徐々に劣化していきますし、最終的には空回りするなど、使い物にならなくなってしまうでしょう。ドアノブの使い方にもよりますが、その寿命は長くても15年程度と言われています。しかしドアノブの使い方や設置環境次第では、もっと短い時間で壊れてしまうこともあるようです。以下の点に心当たりのある方は、ドアノブ修理・交換を早めにご検討されたほうがよろしいでしょう。

・乱暴に使っている
ドアノブの開閉を力づくで行っていたり、物をぶら下げたりなど、大きな負担の掛かる使い方をしていないでしょうか。そのようなドアノブはすぐに壊れてしまいますので、丁寧に扱うようにしましょう。

・水分の多い場所に設置されている
浴室や脱衣所、キッチン付近のドアノブは湿度が高く、ドアノブの内部まで錆びやすいと考えられます。もしも沿岸部にお住まいの場合、玄関ドアのドアノブも錆びやすいと考えられます。サビに強いドアノブを設置したほうが良いかもしれません。

・異物が入っている
ドアノブの種類によっては、ドアノブの内部に錠が取り付けられているタイプもあります。いわゆる円筒錠やインテグラル錠と呼ばれるタイプのもので、異物が入りこんだ場合は極力掃除機などで吸い取ったり、エアダスターなどで吹き飛ばすようにしましょう。

ドアノブは見た目にはシンプルな構造ですが、その内部には細かい無数のパーツが組み合わされている、デリケートな道具です。そのため少しでも不具合が生じますと途端に使えなくなってしまう事がありますので、少しでも不調が訴えるようになりましたらすぐにドアノブ修理をご依頼ください。