ドアノブ交換修理ならお任せ下さい!|ドアノブから始めるバリアフリー

ご相談無料24時間365日受付ております。フリーダイヤル0120-949-892

フリーダイヤル0120-949-892

最新情報・レポート

ドアノブ交換修理.jp|ドアノブ修理交換:8,400円~のコラム記事ページです

ドアノブから始めるバリアフリー

ご家庭内で最も使用する機会が多い箇所として、ドアノブが挙げられます。住宅内部の部屋を移動する際に、誰もが手に触る製品ですよね。ドアノブは握り玉式とレバー式が一般的ですが、最近ではユニークなドアノブも開発されています。デザインを特化したものや、機能性を特化したもの、さらには壁に埋め込んでしまっていて、必要な時に取り出せるタイプのものとさまざまです。ほとんどのドアノブは、使用する機会が多いことから、頑丈な造りとなっているのですが、長年の使用により確実に内部の部品に劣化が起きてしまいます。湿度が溜まりやすい住宅、また濡れた手で触る機会が多いご家庭では、普段よりもドアノブ修理を必要とする時期が早まってしまうと言われているのです。長く使用しているドアノブは、外見からは故障があまり感じられないかもしれませんが、一度ドアノブ交換を行っておくことをお勧めします。ドアノブが壊れてしまった際に、ドアが開いた状態であれば問題視されないかもしれません。しかし、ドアが閉まった状態で故障を起こしてしまっては、部屋から出ることは難しいでしょう。窓もなく、一人暮らしの住宅の一室であれば助けを呼ぶことも難しくなってしまいます。そうならないためにも、ドアノブの状態を改善することが求められているのですが、この機会にレバー式のドアノブに変更することをお勧めします。従来の握り玉式であれば、小さなお子様や高齢の方にとっては開けるために力を入れなければなりません。レバー式であれば上から押すだけの力で開けることができるため、高齢者の方にも住みやすい住宅とすることが出来るのです。