ドアノブ交換修理ならお任せ下さい!|ドアノブからバリアフリー

ご相談無料24時間365日受付ております。フリーダイヤル0120-949-892

フリーダイヤル0120-949-892

最新情報・レポート

ドアノブ交換修理.jp|ドアノブ修理交換:8,400円~のコラム記事ページです

ドアノブからバリアフリー

住宅からビルまでほとんどの建物の扉にはドアノブがついています。ドアノブと言うと握り玉と呼ばれる円柱状のものをイメージしやすいです。実際、握り玉タイプのドアノブは多く使われています。古くから使われている握り玉タイプですが、回して開けるためには意外と力を使うものです。そのため、握力が低下したお年寄りや子供では開けられないこともあります。そんなときドアノブ交換することで、生活しやすくなるのです。では、どんなタイプに交換すればよいのでしょうか、開き戸の場合は大きめのレバーハンドルがオススメです。レバーハンドルであれば手のひらや腕の力でも開けられるため、握力が低下していても開けやすくなります。引き戸の場合、取っ手式のハンドルをつければ楽に開閉ができるようになります。また、サッシや収納の扉など、フチに指先を掛けて開閉するのにも指先に力が必要なため、大変なのです。そういった場合もハンドルを取り付ける事で、楽に開閉ができるようになるのです。玄関や勝手口で握り玉タイプのドアノブを使っている場合、型式が古く防犯性能も低いことがあります。中には握り玉の中央に鍵穴があるタイプもあり、このタイプはドアノブを外せば、簡単にドアが空いてしまうため、危険なのです。ドアノブ交換は、バリアフリーや防犯性能を高めるためにも必要といえます。古いドアノブを使っていて、心配という方がいれば、当サイトからご相談ください。