ドアノブ交換修理ならお任せ下さい!|ガタツキ・緩みはすぐご相談ください

ご相談無料24時間365日受付ております。フリーダイヤル0120-949-892

フリーダイヤル0120-949-892

最新情報・レポート

ドアノブ交換修理.jp|ドアノブ修理交換:8,400円~のコラム記事ページです

ガタツキ・緩みはすぐご相談ください

ドアノブに使用されている握り玉やハンドルが、使う度にガタガタと揺れる、もしくは回しても手応えがないという時には、ネジなどの緩みが考えられます。 ドアノブは、ドアの内部に隠れているラッチなどの本体に、ドアの表と裏にレバーや握り玉が取り付けられている形式ですから、このレバーや握り玉部分が、外れかけてしまうことがあるのです。 初期であれば、多少の緩みでも通常通りの開け閉めが可能な場合がありますが、問題はそのまま使っていると、引っ掛かって居る部分にばかり力がかかり続けることです。 ドアは開閉以外にも、ドアの面で受ける風圧などの力がラッチ部にかかり、少しずつ動いていますし、ドアの開け閉めのときも、ドアノブに体重を掛けたり、普段から鞄などをぶら下げたりしている方も居るでしょう。こうなると、本来ありえない方向からの力がかかり続けますので、ドアノブの劣化に繋がります。 最終的にはドアノブの軸の破損などで、開閉ができなくなってしまうことも考えられるんで、普段から使い勝手に異常はないか調べることが大切です。 ドアノブには変な方向の力が加わらないように、用途外で使用しないこと、更にはドアノブのガタツキ、緩みについては早めに修理しておくことが大切です。