ドアノブ交換修理ならお任せ下さい!|どうしてドアノブが壊れるのか

ご相談無料24時間365日受付ております。フリーダイヤル0120-949-892

フリーダイヤル0120-949-892

最新情報・レポート

ドアノブ交換修理.jp|ドアノブ修理交換:8,400円~のコラム記事ページです

どうしてドアノブが壊れるのか

ドアノブが壊れると思って普段ドアの開け閉めをしている方は少ないかと思います。しかし、だからこそ急に壊れてしまった場合には困ってしまいます。ではどうしてドアノブが壊れてしまうのでしょうか。その原因としてはまず経年劣化があります。10年ほどの寿命がありますが、使っている間にどんどんと錆びなどが起きて使いにくくなっていくのです。他には衝撃によって破損することもあります。使い方が荒かったり、ドアノブにものをぶつけてしまったりと原因は多数あります。またこれら以外には砂埃などが溜まってしまうことによって破損することもあるのです。他にも寒い地域であれば室内外との温度差によって金属部品が徐々に歪んでいき、最終的に破損してしまうということもあります。ドアノブの寿命は10年ほどであると言われています。こうした破損の原因が幾つも重なり、10年ほどで壊れてしまうのです。しかし、10年も経たずに壊れてしまう場合もありますのでご注意ください。その時には明らかにドアノブが使いにくくなるといった症状が出てきますので、ちょっとドアノブが使いにくいなと感じられましたらドアノブ交換やドアノブ修理をご検討ください。早めにドアノブ交換などで対応することによって、突然ドアノブが外れるといったトラブルを回避することができるでしょう。